Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Aro (09/20)
  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Kai (09/19)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    アロー (03/28)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    Kai (03/25)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    ARO (04/03)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    imai (04/02)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    ARO (03/22)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    Kai (03/13)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Aro (01/03)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Kai (01/02)

w closet×JUGEM

翻訳

考察スレ

皆さんは、ネットの掲示板を見ますか?

2ちゃんねるとかが代表的なものだと思いますが、私はついつい見てしまいます。

 

中でも、映画、アニメ、マンガの考察スレは、だらだらといつまでも読んでしまいますね。

考察スレとは簡単に言うと、映画やマンガの世界観について、ごく小さなセリフや描写から想像を膨らませたり、ストーリーや世界観の矛盾点を見つけ出しては悦に入ったりするものです。「ロード・オブ・ザ・リング」「スター・ウォーズ」「攻殻機動隊」「サイコパス」などの考察スレは、一度開いてしまうとなかなか抜けられません。

 

私が初めてネットの考察スレというか、掲示板というものに触れたのは、デヴィッド・リンチ監督の「マルホランド・ドライブ」の考察スレでした。まだダイヤルアップなるものでネットに接続する時代で、お目当てのサイトにたどり着いたら、いちいち接続を切って通信料を節約していたという時代の話です。15年以上前ですね。

マルホランドドライブ

掲示板では、「マルホランド・ドライブ」の映像に仕掛けられた象徴的意味について、いろんな人の投稿があって、質問、反論、意見交換などがやり取りされていました。職業としてものを書く人が出版社を通して世に出すのではなく、一般の人の投稿が積み重なって、1冊の本と同等かそれ以上の価値があるものが作られるという事実に衝撃を受けました。

その後、「ジョジョの奇妙な冒険」の考察スレをみつけて、人生で唯一、掲示板への投稿を繰り返していた日々がこの時期です。今は考察スレを眺めるだけですよ。

 

私が「マルホランド・ドライブ」や「ジョジョ」の考察スレを見ていたのが20代前半ですから、同世代の人たちもネットの掲示板の薫陶を受け、そういったものが文化として根付いた時期を駆け抜けたのだと思います。そして現在、その世代が世の中に何かを発表するのにちょうどいい年齢になってきました。映画監督も脚本家もアニメ監督もマンガ家も今が旬の3040代の人たちは、多かれ少なかれ1020代の頃にネットの掲示板なる通過儀礼を経て、もの創りを始めた人たちです。

ジャネット・ジャクソンの「リズム・ネイション1814」から10年後に宇多田ヒカルが「First Love」を発表したように、新しい文化をDNAレベルで吸収できるのは若者に限りますし、その若者の世代が世に何か発表できる年齢になるまでの時間が、文化の成熟期間と呼ばれるものだと思います。

リズムネイション

 

ネットの掲示板世代がものを創るようになると何が起きるのか?ネットの掲示板や考察スレを意識した作品が生まれるのです。

 

翻訳者が誤訳を指摘されると泣きそうになるのと同様に、映画・ドラマの脚本家やマンガ家はストーリーや世界観の矛盾を指摘されると、きっと落ち込むのだと思います。矛盾のないようだらだらと説明を続けることが物語の勢いをそぐことになるのが分かっていても(あるいは分かっていなくても)、考察スレで自分の作品の矛盾を指摘されることが気になる人はいるのでしょう。

「進撃の巨人」の作者は、その典型だと思います。1989年生まれで、もろネット世代ですし、Wikipediaには、「ネットを見るのが趣味で、自作の評価なども常にチェックしており、ファンからの意見や指摘を参考にすることもある」とあります(いかんだろ…)。アニとの戦いまでは(すみません。「進撃の巨人」を読んでない人には何の話だか分かりませんね。)、どんどん先が読みたくなるテンポのいい物語なのですが、考察スレが大きくなり始めた頃から、まるで考察スレの住人を説得しようとしてるかのように世界観の解説をするような描写やセリフが多くなり、私は読むのをやめてしまいました。

 

最近のドラマに字幕をつけていると、同じように脚本家が「これは矛盾ではありませんよ」と予防線を張ってるような、あるいは矛盾を避けるための後付けのセリフが多く見受けられるようになってきました。言い訳めいたセリフなので、唐突で、意図を理解するのに苦労するのが特徴です。たとえ理解できても、字幕の文字数制限の中で言い訳を全部説明するのは、ほぼ不可能です。

 

先日も犯罪ドラマを翻訳してる時に、こんな会話がありました。

 

捜査官A:犯人の似顔絵を公開したところ、○○夫妻だという情報が入りました。

捜査官B:確かか?

捜査官A:犯行現場にあった携帯が売られていた店舗が、○○夫妻の住所から車で1時間の所です。

 

まず“犯行現場にあった携帯”ですが、2話前の現場検証の場面では全く触れられていない話題です。もちろん購入された店舗を調べたなんて話は出てきません。

これって1行目で終わればいい話じゃないですか?

 

A:犯人の似顔絵を公開したところ、○○夫妻だという情報が入りました。

B:よし、踏み込むぞ。

 

ドラマなんだから、これでいいじゃないですか?捜査の裏付けを1から10まで知りたいわけじゃないので、さっさと犯人のところに踏み込みましょうよ。

しかも最後の「犯行現場にあった携帯が購入された店舗は、○○夫妻の住所から車で1時間のところです。」というセリフは2秒くらいです。これまで話題にも上らなかった携帯に関する捜査のことを8文字でまとめろなんて無理な話です。

 

翻訳する際に最後の1の意図をいろいろ考えてみましたが、やはり考察スレで矛盾を突かれるのが嫌だったとしか思えません。

つまり、「似顔絵なんか公開したら、全国からごまんと目撃情報が入ってくるはずだ。何で都合よく○○夫妻の情報が正しいと判断できるんだよ!」というツッコミが嫌だったんでしょうね。それで、これまで全く触れていなかった携帯電話を無理やり持ってきて、「携帯が売ってた場所が○○夫妻の住所に近かったから、他の情報より有力視されたんだよ」という理屈をひねり出したわけです。

 

そして今度はこの一見唐突なセリフの意図に気づいた人が嬉々として、そこから導き出される理屈の解説を考察スレに投稿するわけです。作り手と考察スレの住人の間だけのキャッチボールです。2話前のエピソードの現場検証で携帯を回収して、「販売された店舗を調べとけ」みたいなセリフがあれば、完璧だったんでしょうね。考察スレの住民を喜ばせる質の高い脚本の要素の1つとして、“伏線の回収”というのがあります。何気ない描写が後々意味を持ってくるというのは、異常なほどに考察スレの住人を喜ばせます。逆に伏線が回収されなかったり、伏線を張らずに唐突に意外な人物を犯人に仕立てたりすると、考察スレの住人は異常なまでに憤慨します。

 

ただ伏線を張ったり、完璧に矛盾を避けたりすることは、ドラマの脚本ではほぼ不可能ですね。時々、脚本家のインタビューやコメンタリーを翻訳すると、ドラマの脚本というのは複数の脚本家による分業作業であり、毎週の締め切りに追われるやっつけ仕事であることが分かります。シーズンが始まる前にすべての話が決まってるわけではありませんし、ひょっとしたら大まかな結論でさえ決まっていないのかもしれません。そして打ち合わせの中で、割と思いつきで脚本を書き進めているのが分かります。「来週あたり彼女を裏切り者にしたら、視聴者もあっと驚くんじゃね?」「じゃあ、来週の分はその線でいこう」という感じです。意外な黒幕というのは、ほんの1話前まで裏切り者になる予定はなかっただけに、矛盾だらけになるのですが、そこで矛盾してると言われたくないから、いろいろ捻り出してきます。「24」シーズン1のニーナなんかがその最たる例ですね。シーズン終盤に駆け込みで黒幕にされた感がありありと見えます。

 

とにかく矛盾を避けようと、唐突な説明セリフをねじ込んでくるのはやめてもらいたいものですね。字幕翻訳者の身にもなってもらいたいです。唐突なセリフの意図を見極めるのにまずひと苦労ですし、見極めてもとても文字数内に収まりません。

少しくらい矛盾があっても、キャラクターに魅力があって、話のテンポがよければ気になりませんよ。お願いですから、クリエイターは考察スレなんて気にするのはやめてください。

 

  • 2015.11.29 Sunday
  • 18:03

Comment
Send Comment