Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Aro (09/20)
  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Kai (09/19)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    アロー (03/28)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    Kai (03/25)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    ARO (04/03)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    imai (04/02)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    ARO (03/22)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    Kai (03/13)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Aro (01/03)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Kai (01/02)

w closet×JUGEM

スクール

札幌国際短編映画祭授賞式

1011日(日)の夜、札幌国際短編映画祭の授賞式に行ってきました。

アワード

 

今回は、長男が子ども審査員を務めたので、家族総出で会場に向かいました。

アワードの結果は、映画祭の公式サイトに載っています。

http://sapporoshortfest.jp/15/awards/
 

長男が審査に参加したチルドレンショート賞は以下の3作品。長男が推していた「オーシャン・メイカー」は銅賞に食い込みました。

 

最優秀チルドレンショート賞 「グンター」

 

チルドレンショート銀賞 「プレゼント」

 

チルドレンショート銅賞 「オーシャンメイカー」

 

さっぽろ字幕翻訳スクールの卒業生が担当した作品では、以下の4作品が賞を獲りました。

 

最優秀アジアンショート賞 「溺境」

 

最優秀脚本賞 「真実の父」

 

最優秀撮影賞 「決戦の日」

 

最優秀女優賞 「ミセス・アルベルティーヌ」 アレクシ・ファン・ストラトゥム

 

ショートフィルムとはいえ、「真実の父」と「決戦の日」は、冒頭のセットアップが一度壊されて、意外な展開を見せていくという点で脚本の妙を字幕で伝えなければいけませんし、「ミセス・アルベルティーヌ」と「溺境」は登場人物の感情描写が勝負の作品でした。「ミセス・アルベルティーヌ」は、老いらくの恋を通して生きることの喜びや戸惑いといった感情が短い時間の中で押し寄せてきますし、「溺境」の子供の不安な心情は本当に心に突き刺さります。

 

一気にいろんなタイプの映画の字幕を作ることになるので、字幕翻訳の基本を見つめ直すという点では、いつも本当にいい機会になります。短編映画は100200枚のハコなので、経験の浅い字幕翻訳者の方にとってももってこいの勉強になりますね。
 

最後の集合写真で審査委員長の大林宣彦監督の前に図々しく陣取る長男。

カメラマンさんの「もっとはしゃいで」の一言に、いち早く反応しピースサインをすると大林監督に頭をなでてもらいました。
こういう経験ができるので、映画祭と相撲の巡業は最高ですね!
集合写真
 

早くも2016年の札幌国際短編映画祭が楽しみです。

  • 2015.10.13 Tuesday
  • 15:05

Comment
Send Comment