<< 念願かなって | main | 夏到来! >>

日本人にとっての法律・憲法

0

    日本人というか中国文化圏の東アジア人って、どうしても法律とか憲法というものがDNAレベルでは理解できないようですね。今日もそんなため息交じりの感想を持ってしまうような、政治家の発言がありました。

     

    神との契約(約束)を柱にしたキリスト教徒がその契約を俗世向けに焼き直した法律と、それを輸入し、もとからあるそれらしきものと折り合いをつけながらできあがった東アジア人の法律では、やはり決定的な違いがあります。

    それは、キリスト教徒が人間の上位に神(法律)を置くのに抵抗がない(むしろそれが自然である)のに対して、東アジアの仏教、儒教、自然信仰などはいずれも基本的に人間の上位に位置する存在を定義していません。ですから、キリスト教徒にとっては、法律は人間の上位に位置しますが、東アジアでは人間が法律の上位に位置します。これが決定的な違いです。

     

    以前、「ソプラノズ」というマフィアにも日常生活があるという視点で描かれ、大ヒットしたドラマにこんなエピソードがありました。

     

    警察が主人公のマフィアのボスの家の電話に盗聴器を仕掛けることになったのですが、捜査の根拠が弱いということで、裁判所から盗聴は1日1時間に限定という命令を受けます。

    マフィアのボスの家の向かいに作戦本部を設けた警察は、室内に1時間をカウントダウンしていく大きな電光掲示板を設置します(このへんはドラマですから視覚的に分かりやすくということですが)。ある日の盗聴で、捜査の核心に迫る会話が始まり、小躍りする捜査陣。しかし、盗聴の残り時間も1分ほどしかありません。「早く話せ〜!」と絶叫する捜査陣をよそに、あと10秒もあれば証拠となる会話を録音できるというところで、電光掲示板が時間切れを知らせ、捜査陣は「チクショー!」と叫びながら、盗聴をやめてしまいます。

     

    どうです?おかしいと思いません?

    そうです、東アジア的感覚でいえば、この捜査陣の行動は理解できません。犯罪者を捕まえる確実な証拠が目の前にあるのに、何でたかだか10秒くらいを気にしちゃうのと。犯罪者を捕まえることより優先されることなんてあるの?という感覚です。

    しかし、キリスト教徒にとっては、裁判所からの命令(つまり神の命令)は、犯罪者を捕まえるという俗世の人間活動より上位にあるわけです。

     

    次は日本の有名な裁きのお話です。多くの方がご存じだと思いますが、「大岡裁き」という話です。

     

    ある身寄りのない少年の母親だと主張する女性が2人現れ、話し合いでも決着がつかないため、大岡越前守に裁定が任されます。そこで大岡越前は、「少年の腕を片方ずつ両側から引っ張り合い、自分のほうに引き寄せたほうを母親と認めよう」と言って、2人の女性に少年の腕を引っ張らせます。

     

    本物の母親のほうは、引っ張られて「痛い!」と泣き叫ぶわが子の姿を見て、思わず手を離してしまいます。偽者の母親が少年を連れ帰ろうとすると(少年を引き取ればカネになるという動機があったかと思います)、大岡越前が「ちょっと待て」と制止します。「泣き叫ぶ少年の腕を思わず離したのは、本物の母親の愛情がなせる業、ゆえに本物の母親は手を離したほうである」と裁定を覆します。

     

    どうです?いい話でしょう?名裁定でしょう?

    これが東アジア人の法律に対する感覚なんです。つまり、情愛や情緒といった人間活動が法律より上位にあるんですね。

     

    この話をキリスト教徒にすると、全く異なる反応が返ってくるでしょう。

    「なぜ裁判官は自分が定めたルールを、こんな主観的な感覚で簡単に覆せるんだ?」

    「引き寄せたほうが本物というルールなら、たとえわが子が腕が痛いと叫んでも、自分の元で大切に育てたいという思いで、引っ張り続けるのが本物の母親だ」

    「こんなの控訴すれば、余裕で勝てるよね?」

    「何で日本人は、この話を美談だと思うわけ?」

    と、まあざっとこんな感じでしょう。

     

    よく日本は治安がいいというふうに言われますし、実際そのとおりだと思います。東日本大震災の時も、あれだけの危機的状況にありながら、整然と列を守って物資を受け取る人々の姿に海外から称賛の声が上がりました。

    しかし、あれは日本人が法律を尊重する民族だからではありません。あれは日本人が秩序を尊重する民族だからです。もっと言えば、自分の知ってる人、目の前にいる人に迷惑をかけてはいけないという発想がDNAレベルでしみついているからです。

    日本では、自転車泥棒や傘泥棒があとを絶ちませんが、誤解を恐れず言えば、これらの行為は社会の秩序を乱すようなものとは言えません。自転車・傘の持ち主は自分の知らない人ですから、窃盗という犯罪行為への一線も比較的簡単に超えてしまうのです。

    列に横入りすることは、道義的には問題がありますが、犯罪行為には当たらないと思います。しかし、窃盗は立派な犯罪です。それでも、日本人は列に横入りするような秩序を乱す行為は絶対にしなくても、知らない人の傘を盗むという法律を破る行為は、平気でやってしまうというわけです。

     

    何だか自虐的な話になってしまいましたが、そんな気分になってしまうニュースがなくなることを願います。


    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
      Aro (09/20)
    • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
      Kai (09/19)
    • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
      アロー (03/28)
    • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
      Kai (03/25)
    • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
      ARO (04/03)
    • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
      imai (04/02)
    • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
      ARO (03/22)
    • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
      Kai (03/13)
    • 新年あけましておめでとうございます
      Aro (01/03)
    • 新年あけましておめでとうございます
      Kai (01/02)
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM