Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Aro (09/20)
  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Kai (09/19)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    アロー (03/28)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    Kai (03/25)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    ARO (04/03)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    imai (04/02)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    ARO (03/22)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    Kai (03/13)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Aro (01/03)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Kai (01/02)

w closet×JUGEM

翻訳

映像翻訳フォーラム 行ってきました!

去る3月22日(日)に、私が以前勤めていたワイズ・インフィニティ様主催の第10回映像翻訳フォーラムに参加してきました。
 
以前は司会や分科会の講師など、フォーラムを作る側でしたが、参加する側としては昨年に続き2度目の参戦です。今回は節目の第10回ということもあり、2階席まで埋まる大盛況ぶりでした。

フォーラム
 
当日の午前中の便で向かったため(前日の夜までよりによって飛行機墜落事故のドキュメンタリーのチェックをしてました…)、特別講演のキネマ旬報社の清水勝之氏のお話がほとんど聞けず、もったいないことをしてしまいました。翻訳の話というよりは、映画離れやそこから映画料金の値下げに踏み切れない悪循環のジレンマなど、映画業界への深い愛と洞察にあふれるお話だったようです。
 
次のパネルディスカッション(1)は、ダブルワーク、地方在住、子育てと字幕翻訳者を取り巻く典型的な環境の中で翻訳をされている方たちのお仕事ぶりが聞けるもので、これから字幕翻訳を勉強する方、今勉強している方には、身近な疑問・不安に答える充実した内容でした。私がワイズ・インフィニティで講師をしていた時の生徒さんや、コーディネーターとして翻訳をお願いしていた翻訳者さんばかりで、そういう意味でも今、勉強している方の数歩先を行く人たちですから、すごく刺激を受けられる話ばかりだったと思います。
 
この辺の事情は、さっぽろ字幕翻訳スクールの講座の中でも実際にお仕事をするには、どういった環境が必要で、どういう人たちが仕事をしているのかといったお話をしていこうと思います。

フォーラムパンフ
 
さて次のパネルディスカッション(2)は、今、勉強している方の数十歩先も行く大ベテラン翻訳者の夢の共演でした。いずれもキャリア30年の大ベテランで、字幕をつけてきた映画の数もいちいち覚えていられないというレベルの方ばかりです。まだ字幕翻訳の学校もなかった時代に現場で鍛えられて、いつの間にか字幕翻訳者になっていたという方たちばかりなので、とにかく個性的です。“今、勉強している方の数十歩先を行く”と書きましたが、実際は歩んできた道が全く違う方たちなので、同じ道を歩む翻訳者はもう出てこないと思われます。
 
どんな業界でもそうだと思いますが、その業界の黎明期に活躍するパイオニアというのは型破りな方たちばかりです。岡田壮平先生なんかは、声優で言えば、野沢那智やささきいさおや広川太一郎という感じです。パネルディスカッション(1)に出ていた方たちは、竹達彩奈や沢城みゆきや花澤香菜という感じです。
 
今後の声優業界に広川太一郎が生まれないのと同様に、字幕翻訳者も林完治先生辺りの世代を最後に、独特の空気をまとった作家性のある翻訳者というのは出てこないでしょうし、どちらが優れてるとも言えない話ですから、今の時代の翻訳者はそのままでいいんだと思います。ですから、今、勉強している方には、学校で体系的に字幕翻訳が学べるという恵まれた環境を生かして、夢に向かって突っ走っていただきたいと思います。
 
映像翻訳フォーラムの後の交流パーティーから、3月23日〜24日にかけてのクライアント様へのあいさつ回りまで、最新の業界事情を仕入れ、これからの1年間の種まきをしてきたつもりです。その辺の情報や空気感は、4月から始まるさっぽろ字幕翻訳スクールのプロ入門コースでしっかり伝えていこうと思います。
  • 2015.03.24 Tuesday
  • 23:32

Comment
フォーラム当日は1年ぶりに会えて嬉しかったです。翻訳に携わるようになったのは20年近くも前なので、現場に個性的な人が多かったのを思い出しました。でも、観客が第一、クライアントの身になること、といった基本は変わりませんね。ベテランの口から、そういう言葉が出てきたことが、聞いていて刺激になりました。
  • Kai
  • 2015/03/25 7:50 PM
岡田先生の「人の人生にセリフを付けられるなんて、最高だ!」という言葉が深かったです。またゆっくり海外小説話やプロ野球話がしたいですね。
  • アロー
  • 2015/03/28 9:30 PM
Send Comment