Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Aro (09/20)
  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Kai (09/19)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    アロー (03/28)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    Kai (03/25)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    ARO (04/03)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    imai (04/02)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    ARO (03/22)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    Kai (03/13)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Aro (01/03)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Kai (01/02)

w closet×JUGEM

翻訳

「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!

「ホビット 竜に奪われた王国」見てきました。
 
ホビット

いや〜、最高です!
『ロード・オブ・ザ・リング』と併せて、死ぬ間際に「ああ、俺の人生で結局一番面白い映画は『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』だったな…」と言い残しそうなほど面白かったです(他の候補は『プロジェクトA』か『サボテン・ブラザーズ』か『ベストキッド』)。
 
特に樽での川下りの場面はワクワクが止まらず、20分くらいこのシークエンスを続けてほしいと切に願ってしまいました。
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』のトロッコチェイスにもひけを取らない映画史上に残る傑作シーンだったと思います。
 
樽

このシーンは、ドワーフたちの奮闘もいいのですが、レゴラスとタウリエル(『LOST』のケイトです!)の弓矢を使った戦闘がとにかくカッコいい!
川岸の岩場を軽快に疾走しながら、跳び上がって空中で弓を引き、ビュッ!
近距離でも矢を放ち、懐まで入ると短剣を振り回す。
あまりにカッコよすぎたでの、その夜「FF14」で早速、弓術士を始めました。

FF14
 
私は昔から『ロード・オブ・ザ・リング』的な西洋の中世ファンタジーの世界観が大好きです。その原体験となったのが、この『火吹山の魔法使い』です。

火吹山
 
アドベンチャーゲームブックと書いてありますが、普通の小説ではなく、最初の1ページを読むと、右の道を進む→P42へ”“左の道を進む→P78へといった具合の選択肢を選びながら、ゴブリンやオークを倒し、強力な武器を見つけ、最後にたどりついた悪い魔法使いを倒すというものです。
 
敵と戦うことになると、敵の攻撃力と体力が数値化されていて、サイコロを振って出た目をそれに加え、自分のキャラクターの数値と比較して、勝敗を決めます。
当然、一人でやるので敵の分も自分でサイコロを振ります。
「よし、まずは敵の攻撃。ん?4か… 次は俺の攻撃。げっ!2だ。やられた〜 また最初からだ」とバカ正直に一人で遊ぶわけです。今、考えると公明正大にゲームブックを進めていた幼き自分の姿が微笑ましく思い出されます。
 
懐かしいな〜と思いながら検索してみると、私は10冊以上このアドベンチャーゲームブックをやっていたようです。西洋の中世ファンタジー的な世界観だけでなく、SFの「宇宙の暗殺者」とか、ギリシャ神話を題材にした『ミノス王の宮廷』とか。
 
宇宙の暗殺者

ミノス王
 
書いてるうちに思い出したのですが、小学校6年生の時にお楽しみ会で、このアドベンチャーゲームブックの台本を自分で書いて、クラスの友達に選択させながら、同じグループの子たちが戦闘シーンなどを小芝居で再現するという出し物をやりました。しかし、自分が頭の中で描いていたような盛り上がりはなく、グダグダになりドン引きされた記憶がよみがえってきました…
 
ところで、私は仕事のほとんどがDVDやテレビ放送用の番組なので、字幕のフォントはゴシック系が見慣れています。なので、時々映画館であの独特のフォントで字幕を見ると、ちょっと新鮮な気持ちになるんですね。で、あのフォントが何とも『ホビット』の世界のフォント(↓こんなやつ)に合ってて、味わいがあります。

ホビットフォント
 
DVDになると字幕はゴシック系になるのでしょうが、あの映画館のフォントに切り替えられるなんて機能があったら面白いのにと思ってしまいました。
 
英語のフォントってものすごい数がありますよね(日本語は漢字も含めると何千文字にもなるので、気軽に新しいフォントを作れないという事情はありますが)。このへんの飾り文字が発展した背景については、ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』を読むとよく分かります。『薔薇の名前』は西洋文化を理解するのに知っておいたほうがいい文化的背景が随所に散りばめられていて、なおかつ小説としても抜群に面白いので、未読の方がいましたら、ぜひお読みください。強く強くお勧めします(ショーン・コネリー主演の映画版も面白いですよ)。

薔薇の名前
 
  • 2014.03.13 Thursday
  • 10:09

Comment
先々週の土曜日、今回もHFRで見ようと思って、六本木ヒルズのTOHOシネマズに行ったら、なんと映写機の故障で冒頭1〜2分のところで中止という目に遭いました。そして、結局まだ見ていません。

ゲームブック、懐かしいです! たぶん、そのシリーズは全巻持ってましたよ。
  • Kai
  • 2014/03/13 10:30 PM
ゲームブックやってたんですか!
今度、じっくり話しましょう。
  • ARO
  • 2014/03/22 12:59 PM
Send Comment