Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Aro (09/20)
  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Kai (09/19)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    アロー (03/28)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    Kai (03/25)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    ARO (04/03)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    imai (04/02)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    ARO (03/22)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    Kai (03/13)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Aro (01/03)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Kai (01/02)

w closet×JUGEM

一般

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
 
2013年は、家族と共に札幌に移住し、さっぽろ字幕翻訳スクールを開校するなど、私にとっては大きな変化の年であり、多くの新しい出会いに支えられた年となりました。
さっぽろ字幕翻訳スクールはおかげさまで、英語基礎コースに韓国語実践コース、秋には英語実践コースに2期目の英語基礎コースと順調に講座を開講させていただいております。
2014年春には最初の卒業生も出ますし、札幌から多くの字幕翻訳者が生まれることを願っております。
 
2014年も引き続きよろしくお願いいたします。
 
さて、前回のブログで制作経過を報告しましたナノブロックの蒸気機関車ですが、年末に完成しました。
 
こんな感じであとひと息まで来て、
 
蒸気機関車完成前
 
これで完成です。

蒸気機関車完成
 
 
全部で6〜7時間で作り上げました。翻訳の合間のいい気分転換になりますし、吹雪の夜中に暖かい部屋で、一人背中を丸めてコツコツやってるのが、なかなか心地いいです。次は姫路城あたりを狙っています。

姫路城
 
そして、年末に観た「ゼロ・グラビティ」ですが、IMAXシアターの凄さを実感したいと思い、ユナイテッド・シネマまで行ってきました。実は2013年の初めに「ホビット/思いがけない冒険」でもIMAXシアターに行ったのですが、この時は60fpsの映像のクオリティーの高さを確かめに行きました。そして、今回の「ゼロ・グラビティ」は何が違うと評判だったのかというと“音”です。

ゼログラビティ2
 
IMAXシアターの音(というかドルビーの最新のサウンドシステム“アトモス”)は、あまり難しいことは分かりませんが、簡単にいうとスピーカーの数を増やして、各スピーカーに割り当てる音を細かく調整して、音に包み込まれるような感覚(サラウンド)を実現しているということのようです。たとえば映画館の天井に右から左まで10個のスピーカーを設置して、右からヘリコプターの飛行音を出し、それが順番に左へと移っていくとまるで頭上をヘリコプターが通過したような感覚が体感できるという具合です。
 
さて「ゼロ・グラビティ」は基本的には無音の宇宙が舞台ですから、音はより効果的な使われ方をしています。静寂の中、急に宇宙船の機器の作動音が聞こえてきたりすると一気に緊張感が生まれるのですが、この音が複数のスピーカーを移動するので、遠くのものが近づいてくる(逆に遠ざかっていく)感覚が3D映像とも相まって五感すべてに訴えてきます。
 
といっても「ホビット」の時もそうですが、映画が始まって30分もして物語に引き込まれると、3Dもサラウンドも忘れてしまうんですよね。まあ、そこまで物語に没入できるのは3Dとサラウンドのおかげということも言えるのですが、ドラクエ気任眛韻犬茲Δ並慮海呂△襪錣韻如観る人の感情を前のめりにさせるのはいろんな手段があるということかと思います。
 
映画のほうはディズニーランドやユニバーサルスタジオにあるアトラクションの超豪華版という感じです。宇宙に実際にいる感覚に90分間どっぷり浸れて、ジョージ・クルーニーのスカした案内役がまたニヤリとさせます。これで2200円ならアトラクションの料金としてはお得ですね。すっごく楽しめます。
 
ただ映画代の1800円ってどうにかならないですかね?「ゼロ・グラビティ」や「ホビット」のような大画面で楽しむ映画しか観に行かなくなります。ベン・スティーラーの映画とかを映画館で観たら、「外したらどうしよう?」かと思うと、怖くて観に行けません。800円くらいなら、年間20本くらい映画館で観たいんですけどねぇ。
 
ちなみに無線通信がセリフの大半を占めるので、字幕をイタリックにする意味がほぼ失われています。もうここまできたら、映画会社の英断で全部 正体でいいだろと思ってしまいました。
 
それでは、皆さん2014年もよろしくお願いいたします。
  • 2014.01.01 Wednesday
  • 14:56

Comment
あけまして、おめでとうございます。
年賀状を書こうと思ったら、引っ越し前の住所しか知らないことに気づきました。
ともかく、今年もよろしくお願いします。

IMAXではありませんが、「ゼロ・グラビティ」見ましたよ。
  • Kai
  • 2014/01/02 12:09 PM
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
暖かくなったら、東京に行きますね!
  • Aro
  • 2014/01/03 9:12 PM
Send Comment