Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Aro (09/20)
  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Kai (09/19)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    アロー (03/28)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    Kai (03/25)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    ARO (04/03)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    imai (04/02)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    ARO (03/22)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    Kai (03/13)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Aro (01/03)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Kai (01/02)

w closet×JUGEM

一般

2013年のクリスマス

2013年も残すところあとわずかですね。
前の会社の同僚が3年も前から、「森澤さん、2013年のカレンダーは最高です!年末年始の休みが9日間もあるんですよ!」と言っていたのが、まさかの会社員の身分ではない2013年の年末を迎えます。
 
私のクリスマスイベントの第1弾は、まずDVDで「パシフィック・リム」を鑑賞。

PRポスター
 
和洋を問わず、昔のモンスター映画って、暗い照明ではっきり見せないことで恐怖をかきたてるってことをしないですよね?直球勝負でモンスターの全身がはっきり見えるというか。まあ、照明の技術的制約もあったでしょうし、絵から写真、映像へと表現媒体が変わっていく最初の50年くらいは、「せっかくフィルムに写し取る技術ができたのに、影なんて写し取ってどうすんの?」って感覚だったのかもしれません。特に怪獣や狼男などの目が作り物感ばっちりで映るのが、ある意味でその時代の映像のトレードマークになっています。
で、日本の怪獣映画へのリスペクトにあふれた「パシフィック・リム」も怪獣の目がばっちり怪獣してます。白目も黒目もはっきり映ってて、おそらく意識してチープに作られています。目がゴモラとかスカイドンっぽいんですよね。

怪獣
ただやっぱりCG技術はハリウッドとその他の映画では技術的にも経験値的にも20年くらいの差がある感じです。「パトレイバー」の実写版を日本で作っているそうですが、「ドラゴンボール」の悲劇は忘れて、こういうのはハリウッドにお願いしたほうがいいんじゃないでしょうか?「パシフィック・リム」は、ロボットの重量感が半端じゃないです。
 
それにしてもハリウッドってアジア系の俳優が手薄ですよね。日本人で呼ばれるのは渡辺謙か菊池凜子で決まり。意外とキャスティングの冒険をしないんですね。大作の主演クラスなら、チョウ・ユンファとチャン・ツィイーでしょうし、「24」や「LOST」で活躍した韓国人俳優もテレビではどんどん使い回されています。

アジア俳優

「エヴァ」や「進撃の巨人」っぽいところは偶然ですかね?ウォシャウスキー兄弟ほどの日本のアニオタではないそうですが。本国でのヒットの規模の割に、日本での興収が好調というのもうなずけます。

この初号機感!


PR

 それからペントコスト司令官役のイドリス・エルバですが、私がこれまでに見た米ドラマの最高峰「The Wire」のカリスマ売人エイヴォン役の人です。
http://www.superdramatv.com/line/wire/

ワイヤー 
日本版のDVDはないようですね。本当に本当に面白いのに。
 
 
25日は子供たちへのプレゼントと妻のチキンの丸焼きと手作りケーキです。
子供たちには、ポケモン、仮面ライダー鎧武、ダンボール戦記、トミカといったところです。
クリスマス


そして、トイざらすに行った際に、ついでに自分のために買ったのがこれ。
ナノ1


 
ナノブロックの蒸気機関車です。これまで1時間くらいで作れるビッグベンや雷門を作ったことはありましたが、今回のは中型のものでなかなか骨がありそうです。
 
2時間くらいやってこんな感じ

ナノ2
 
さらに2時間くらい

ナノ3
 
あと2時間くらいで完成しそうです。
 
ちなみに超大型のノイシュバンシュタイン城は2万円超。かなり歯ごたえがありそうです。
 
そして、サッポロファクトリーのユナイテッドシネマのIMAXシアターで「ゼロ・グラビティ」。

ゼログラビティ

IMAXシアターは3Dと音の最先端技術を存分に味わえる施設だそうです。札幌ではここにしかないのかな?お値段も2200円とただでさえ高い映画代に上乗せ。しかし1800円って、劇場に来る映画のタイプが偏りますよね。ベン・スティーラーの映画とか絶対に劇場で見ようという気になりません。800円くらいなら選択肢も増えるのに。
 
映画の感想は、蒸気機関車の完成写真とともに次回アップしますね。
 
それでは、皆さんよいお年を。

  • 2013.12.28 Saturday
  • 01:50

Comment
Send Comment