Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Aro (09/20)
  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Kai (09/19)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    アロー (03/28)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    Kai (03/25)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    ARO (04/03)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    imai (04/02)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    ARO (03/22)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    Kai (03/13)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Aro (01/03)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Kai (01/02)

w closet×JUGEM

翻訳

逆説の『が』

昨日、白鵬が14日目にして稀勢の里を破り、27回目の優勝を飾りました。

 

私、相撲好きです。まあ、十両や幕内の下のほうまで知ってるほどの大ファンではありませんが、場所中は5時くらいから毎日、幕内後半戦を見ています。

今の贔屓の力士は、勢です。まだまだ上位には跳ね返される日々ですが、早く妙義龍や松鳳山に追いついてほしいものです。

 

ところで、昨日の白鵬と稀勢の里の一番は物言いがつきました。白鵬が稀勢の里のまげに触ったかどうかで協議があったのですが、結局軍配どおり白鵬の勝ちになりました。

 

しかし、物言いの時のあの審判部長の説明の枕詞は、何とかならないものですかね?

誰が審判部長を務めていても、「軍配は白鵬に上がりましたが…」から始まり、館内は「おお〜っ?!」とわきます。ところが、「白鵬はまげに触っていなかったので、軍配どおり白鵬の勝ちとします」と説明が続き、館内は「あ〜っ」とボルテージが下がり、ひと呼吸おいて拍手に変わります。

そして、私はテレビの前で「軍配どおりなら、逆接の『が』を使うなよ!」と一人突っ込んでいるわけです。

 

「軍配は白鵬に上がりましたが…」と始まり、館内が「おお〜っ」とどよめくのは、お客さんが「白鵬の負けか?!優勝は千秋楽まで分からないぞ!」と期待してしまうからです。逆接の『が』の後は「軍配は白鵬に上がった」と逆の結果が来るのが、普通の日本語ですからね。ところが、場内がどよめくのに慌てた審判部長が続けざまに「やっぱ白鵬の勝ちね」とちゃっちゃと説明して済ませてしまいます。慌てるくらいなら、「ただ今の協議ですが…」から始めれば余計な勘違いはしなくて済むのに。相撲協会内で誰も気づいてないのは仕方ないにしても、NHK関係者あたりが言ってあげればいいのに…。

 

この逆接の『が』の効用は、字幕でも大いに役立ちます。つまり「天気はよかったが」というハコがあれば、次のハコには悪い結果が入るのを、見てる人は予想しながら字幕を読めるんですね。字幕というのは、いかに早い時間で読んでもらえる日本語を作るかの勝負です。14文字というのは、その指標にすぎないものであって、目的はさっさと字幕を読み終えてもらい、見てる人の目を画面に戻してあげることです。

 

ですから、同じ文字数であっても改行位置や選択した語彙、文の構成で読む速度はまったく違ってきます。そして、読む時間の短縮に大きく貢献するのが、逆接の『が』をはじめとした接続詞です。

 

「今日は天気がよくて…」:順接なので、割と普通の文がきます。
⇒「ピクニックは楽しかった」

「今日は天気がよかったが…」:逆接なので、「よい」の逆の状況がきます。
⇒「お弁当を忘れて散々だった」

「今日は天気がよかったから…」:理由なので、「天気がよい」ことの結果がきます。
⇒「洗濯物がよく乾いた」

 

いずれも前半の文を読んだ時点で、次の字幕を読む心構えができますよね。それは次のハコの字幕を読む時間の短縮につながるわけです。

 

こうした接続詞の使い方は映画やドラマの翻訳では、ほとんどの字幕翻訳者が問題なく使いこなせています。これを使いこなせるかどうかで、出来が大きく変わってくるのは、インタビューやドキュメンタリーのナレーションです。
これらのジャンルは脚本家が練りに練った映画やドラマのセリフと違って、文と文の因果関係を見極めるのが難しくなります。インタビューに応える人は必ずしも理路整然とは話せませんし、ドキュメンタリーのナレーションは理路整然としているものの、情報量が多くて翻訳者がそこにあるロジックを読み切れないということが多くなります。

 

これらのジャンルの字幕翻訳こそ、内容のロジックを意識して、接続詞を効果的に配することで、そのロジックをうまく再構成してあげることが重要になるんです。

 

ちょっと意識してみてくださいね。

  • 2013.09.29 Sunday
  • 14:07

Comment
Send Comment