Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Aro (09/20)
  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Kai (09/19)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    アロー (03/28)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    Kai (03/25)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    ARO (04/03)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    imai (04/02)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    ARO (03/22)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    Kai (03/13)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Aro (01/03)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Kai (01/02)

w closet×JUGEM

翻訳

私の本棚(2)

本の話の前に、ランチの話から。


ランチ 


おいしいんですよ。宮の沢駅前の『絵地尊』というお店です。

https://plus.google.com/118369694003456048399/about?gl=jp&hl=ja#118369694003456048399/about?gl=jp&hl=ja

 

前菜にケーキにコーヒーまでついて、1550円!

このおいしさとコース料理でこの価格。青山で食べたら、3500円コースですね。

 

で、お腹も満足したところで、今読んでる『穢れしものに祝福を』デニス・レへインを取り出します。ボストンを舞台にした探偵もので、主人公は男女のペア。男のほうの一人称で書かれているので、女のほうが相棒ということでいいと思うんですが、売りは「相棒が女性」ということですかね。

 

とにかくアイデアが出しつくされてきた感のある探偵小説というジャンルでは、今やキャラクター勝負です。「探偵がアル中」「探偵が牧師」「相棒が黒人」「相棒がイヌ」「相棒が幽霊」などなど。で、比較的おとなしい「相棒が女性」というこの小説。まだ読みかけなので、感想は控えておきます。

 

じゃあ、今日の本は何だよって話ですが、ボストンの探偵つながりで、スペンサーシリーズの傑作『初秋』です。

 

初秋

どうしようもない両親の下で育てられ、すっかりいじけてしまった少年をボクシングと大工仕事を通して更生させるスペンサー。どうやら脇で何か事件が起きているので、何とか探偵小説の体は保っていますが、スペンサーと少年の交流を描く場面は、ほとんどヘミングウェイの世界です。

 

たとえば、こんな感じです。

少年:どうしてぼくのことを放っておいてくれないんだ?
スペンサー:なぜなら、おまえさんが生まれた時からみんなが放ったらかしておいて、そのために今、おまえは最低の状態にあるからだ。おれはおまえをそんな状態から脱出させるつもりでいるんだ。
少年:どういう意味?
スペンサー:おまえが関心を抱く事柄が一つもない、という意味だ。誇りをいだけることがまったくない。知りたいと思うことがない。
少年:なにも、ぼくが悪いんじゃないよ。
スペンサー:そう、まだ今のところは。しかし、なにもしないで人から見放された状態に落ち込んで行ったら、それはおまえが悪いんだ。
得意なものがなんであるか、といことより、なにか得意なものがあることの方が重要なんだ。
おまえは両親に頼ることはできない。おまえが今のようになったのは、彼らのせいだ。
両親が人間的に向上することはありえない。おまえが自分を向上させるしかないのだ。
ポールの両肩が震えはじめた。
スペンサー:泣くのはかまわないよ。おれも時折泣くことがある。

カッコいい… 

 

スペンサーで人生哲学を読めば、自己啓発本の類は一切要りません。“自立”についてこれほどの格言にあふれた小説はありません。

そして、スペンサーを読んだ時だけ、「ジョギングっていいかも」と思ってしまいます。実行したことは一度もありませんが。

 

私のスペンサーのイメージは、今ではリーアム・ニーソンです。ホークは、ジャイモン・フンスー、スーザンはジュリアン・ムーアかジョディ・フォスターですが、2人ともちょっと年齢的に超えちゃいましたかね。30代の知的な女性って今は誰が演じるんですか?

 

テレビシリーズがあって見たことはあるんですが、映画化はないですよね。今さら、もうないかな?

 

スペンサーシリーズは文庫本で300ページ前後なので、すぐ読めます。おまけにブックオフでも余り放題です。お勧めです。

  • 2013.05.28 Tuesday
  • 12:25

Comment
「初秋」は学生時代に母親に薦められて、どうせならと原書に挑戦したのを覚えてますよ。
  • Kai
  • 2013/05/28 10:50 PM
私はThin Airを原書で読みました。あんなにすいすい読めた英語の本はないですね。逆にハリポタは言い回しが難しすぎて挫折しました。
  • Aro
  • 2013/05/29 9:27 AM
Send Comment