Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Aro (09/20)
  • 札幌国際短編映画祭 子ども審査員
    Kai (09/19)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    アロー (03/28)
  • 映像翻訳フォーラム 行ってきました!
    Kai (03/25)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    ARO (04/03)
  • 映像翻訳フォーラム行ってきました!
    imai (04/02)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    ARO (03/22)
  • 「ホビット 竜に奪われた王国」見ました!
    Kai (03/13)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Aro (01/03)
  • 新年あけましておめでとうございます
    Kai (01/02)

w closet×JUGEM

翻訳

すっきり書ける文章のコツ

 先日、久しぶりに札幌駅前の紀伊国屋で1時間ほどゆっくり本を見て回りました。

 カズオ・イシグロの新作「忘れられた巨人」、息子のミニバス少年団の練習を手伝うためのバスケットボールのルールブック、下の子に頼まれた「進化の迷路」、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のDVDなどをカゴに放り込み、語学コーナーを物色していたところ、この1冊に出会いました。
 
「決定版!すっきり書ける文章のコツ80」高橋俊一著(成美堂出版)
 
よくある文章力を身につける本の類のものですが、字幕翻訳者に向けて書いたのではないかと思えるほど、ドンピシャな内容です。
 
まず序文の「最強の6カ条」からすでにドンピシャです。
 
1 文は短く
2 一点に集中して 〜一つの文には一つのことだけでいい〜
3 誰が読んでも同じ意味に
4 同じ言葉、同じ内容は不要
5 句読点をしっかり打つ
6 積極的に改行する
 
どうです?6番以外はいずれも字幕翻訳者の胸に染み入りますよね。5番の句読点は半角・全角に言い換えれば、字幕翻訳にも当てはまります。
 
さて、80ものコツがあるのですが、その中でも“我が意を得たり”という2つをご紹介しましょう。
 
「主語をむやみに入れ替えない」
 
例文: コーチが鍛えて
       全員が上達できた
 
「コーチ」と「全員」2つの主語がある文で、どちらが主役の文かすっきりしません。
 
「コーチ」が主役なら、
       コーチが鍛えて
       全員を上達させた
 
「全員」が主役なら、
       コーチに鍛えられて
       全員が上達できた
 
特に2番目の文の「能動態(〜する)と受動態(〜される)を組み合わせると、主語を入れ替えずにすむことがある」というのは示唆に富んだ指摘です。
 
さっぽろ字幕翻訳スクールの授業でも実践科に入ると、「受動態にすることで、座りのいい文章になる」という添削は毎回出てきます。

 
「主語をかえたら示す」
 
例文: 母は期待しているので、
       きちんと勉強しなければならない
 
       →a.   母が期待しているので
              私はきちんと勉強しなければならない
        b.   母に期待されているので、
              弟はきちんと勉強しなければならない
 
「書き手がわかっていることを読み手もわかっているとは限りません。主語の明示が必要かどうか、読み手になったつもりで考えます。」
 
この一文は掛け軸にしたためて、床の間に飾っておきたいくらい重要な文ですね。
クライアント様からのフィードバックを見ると、いつも「ああ、俺だけが分かってる文だったんだ」と反省することは毎回のようにあります。常に第三者の視点で見直しをしたいものです。
 
例文と簡単な解説だけの見開きページが80個分という構成ですが、シンプルゆえに頭にすとんと落ちていきます。ぜひご一読ください。

 
  • 2016.05.18 Wednesday
  • 22:36

翻訳

「スター・ウォーズ」見てきました!

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」見てきました!

 

いやぁ〜、最高でした。これでJ・J・エイブラムスは、名実ともにスピルバーグ、ルーカス、キャメロンらヒットメーカーの21世紀の後継者になりましたね。“ツボを心得た”というスピルバーグのためにあるような賛辞の言葉がぴったり来る出来でした。


フォース
 

ネタバレしないよう内容には触れませんが、確実にエピソード機銑靴茲蠅睫滅鬚、エピソード検銑困鮓た時のような興奮があります。

 

なぜエピソード機銑靴茲衞滅鬚い里?脚本、演出、登場人物の魅力、CG技術の進歩などいろいろな要素があると思いますが、すべてはルーカスとJ・J・エイブラムスの力量の差にありそうです。

 

私は単純にルーカスがヘタな監督であると言っているのではありません。ルーカスはSF映画のフォーマットのパイオニアであり、エイブラムスはその空気を吸って育った世代なので、後発のエイブラムスのほうが単純に力量を比較すれば、上であることは当然です。それは、ペレとメッシ、王貞治と松井秀喜を比べるのと同じことです。

 

具体的にルーカスとエイブラムスの違いが一番感じられたのは、画面の使い方です。ルーカスは169のスクリーンをどうしても4:3のような1画面に捉えてしまうんですね。エイブラムスは、幼少期から169の横長の画面になじんできた世代ですから、きっちり画面を左右、真ん中の3分割で捉えてきます。たとえば、ハン・ソロが出発の別れの言葉をレイアと交わしている時、ルーカスなら2人のアップだけで済ませる感じですが、エイブラムスはアップから引いて、画面の真ん中にミディアムショットで2人を置き、右に駐機するミレニアム・ファルコン号、左にXウイングを置いてきます。それだけ世界観を提示する機会が増えるわけで、観客が「ワォ〜」となる場面も増えるわけです。

 

エピソード検銑困了は、技術的にも制約があり、そして何よりも観客が「スター・ウォーズ」的なものを見るのが初めてだったので、ルーカスが提示する画が最新のものでした。しかし、エピソード機銑靴了は、技術は理解していても、それを使いこなすカット割りやアクションの進化についていけてなかったんですね。

 

「エピソード ファントム・メナス」が1999年で、ルーカスが55歳の時です。このくらいの年齢が社会的評価と実力が反比例していく分水嶺なのかもしれませんね。

 

そしてもう1つ、「スター・ウォーズ」に限らず、最近のアクション映画、戦争映画、SF映画を見ていて思うのですが、かつては現実を写し取ろうとしていた映画という表現手段が逆にリアルを形作るものになってきたということです。

 

私はゲームが好きなので、スター・ウォーズのゲーム「バトルフロント」もちょこちょこやってます。ゲームの戦闘シーンなどのカット割りは映画とそっくりです。というより映画がゲームからヒントを得たのではないかと思うくらいです。戦争映画などはその最たる例で、今最もお金をかけ、最先端の技術で戦争を写し取っているのはテレビゲームでしょう。「コール・オブ・デューティー」とか「メタルギア・ソリッド」とか。ゲームで見たようなアクションを映画製作者が再現し、それを見て育った世代が兵士になり、ゲームで学んだ知識と動きそのままに戦争をする。仮想現実のほうが現実に先んじているわけです。

 

現代のネット上の言説が醸し出す空気のようなものが、現実を覆っていくという現象もうなずける気がします。ネットで強硬な主張をする人たちは、現実の社会では弱者であるという構図は古臭いものです。ネット世代は社会的地位に関わらず、まず仮想現実から入り、それを現実化していくという傾向を持っています。ネット空間で好き放題に言ってたことが、本当に現実化した時に、それを目の当たりにして愕然とするのか、まずます仮想現実の力に頼ることになるのか、どちらに転ぶかで30年後の世の中が変わってきそうですね。

 

何はともあれ、メリークリスマス!

  • 2015.12.24 Thursday
  • 15:55

翻訳

考察スレ

皆さんは、ネットの掲示板を見ますか?

2ちゃんねるとかが代表的なものだと思いますが、私はついつい見てしまいます。

 

中でも、映画、アニメ、マンガの考察スレは、だらだらといつまでも読んでしまいますね。

考察スレとは簡単に言うと、映画やマンガの世界観について、ごく小さなセリフや描写から想像を膨らませたり、ストーリーや世界観の矛盾点を見つけ出しては悦に入ったりするものです。「ロード・オブ・ザ・リング」「スター・ウォーズ」「攻殻機動隊」「サイコパス」などの考察スレは、一度開いてしまうとなかなか抜けられません。

 

私が初めてネットの考察スレというか、掲示板というものに触れたのは、デヴィッド・リンチ監督の「マルホランド・ドライブ」の考察スレでした。まだダイヤルアップなるものでネットに接続する時代で、お目当てのサイトにたどり着いたら、いちいち接続を切って通信料を節約していたという時代の話です。15年以上前ですね。

マルホランドドライブ

掲示板では、「マルホランド・ドライブ」の映像に仕掛けられた象徴的意味について、いろんな人の投稿があって、質問、反論、意見交換などがやり取りされていました。職業としてものを書く人が出版社を通して世に出すのではなく、一般の人の投稿が積み重なって、1冊の本と同等かそれ以上の価値があるものが作られるという事実に衝撃を受けました。

その後、「ジョジョの奇妙な冒険」の考察スレをみつけて、人生で唯一、掲示板への投稿を繰り返していた日々がこの時期です。今は考察スレを眺めるだけですよ。

 

私が「マルホランド・ドライブ」や「ジョジョ」の考察スレを見ていたのが20代前半ですから、同世代の人たちもネットの掲示板の薫陶を受け、そういったものが文化として根付いた時期を駆け抜けたのだと思います。そして現在、その世代が世の中に何かを発表するのにちょうどいい年齢になってきました。映画監督も脚本家もアニメ監督もマンガ家も今が旬の3040代の人たちは、多かれ少なかれ1020代の頃にネットの掲示板なる通過儀礼を経て、もの創りを始めた人たちです。

ジャネット・ジャクソンの「リズム・ネイション1814」から10年後に宇多田ヒカルが「First Love」を発表したように、新しい文化をDNAレベルで吸収できるのは若者に限りますし、その若者の世代が世に何か発表できる年齢になるまでの時間が、文化の成熟期間と呼ばれるものだと思います。

リズムネイション

 

ネットの掲示板世代がものを創るようになると何が起きるのか?ネットの掲示板や考察スレを意識した作品が生まれるのです。

 

翻訳者が誤訳を指摘されると泣きそうになるのと同様に、映画・ドラマの脚本家やマンガ家はストーリーや世界観の矛盾を指摘されると、きっと落ち込むのだと思います。矛盾のないようだらだらと説明を続けることが物語の勢いをそぐことになるのが分かっていても(あるいは分かっていなくても)、考察スレで自分の作品の矛盾を指摘されることが気になる人はいるのでしょう。

「進撃の巨人」の作者は、その典型だと思います。1989年生まれで、もろネット世代ですし、Wikipediaには、「ネットを見るのが趣味で、自作の評価なども常にチェックしており、ファンからの意見や指摘を参考にすることもある」とあります(いかんだろ…)。アニとの戦いまでは(すみません。「進撃の巨人」を読んでない人には何の話だか分かりませんね。)、どんどん先が読みたくなるテンポのいい物語なのですが、考察スレが大きくなり始めた頃から、まるで考察スレの住人を説得しようとしてるかのように世界観の解説をするような描写やセリフが多くなり、私は読むのをやめてしまいました。

 

最近のドラマに字幕をつけていると、同じように脚本家が「これは矛盾ではありませんよ」と予防線を張ってるような、あるいは矛盾を避けるための後付けのセリフが多く見受けられるようになってきました。言い訳めいたセリフなので、唐突で、意図を理解するのに苦労するのが特徴です。たとえ理解できても、字幕の文字数制限の中で言い訳を全部説明するのは、ほぼ不可能です。

 

先日も犯罪ドラマを翻訳してる時に、こんな会話がありました。

 

捜査官A:犯人の似顔絵を公開したところ、○○夫妻だという情報が入りました。

捜査官B:確かか?

捜査官A:犯行現場にあった携帯が売られていた店舗が、○○夫妻の住所から車で1時間の所です。

 

まず“犯行現場にあった携帯”ですが、2話前の現場検証の場面では全く触れられていない話題です。もちろん購入された店舗を調べたなんて話は出てきません。

これって1行目で終わればいい話じゃないですか?

 

A:犯人の似顔絵を公開したところ、○○夫妻だという情報が入りました。

B:よし、踏み込むぞ。

 

ドラマなんだから、これでいいじゃないですか?捜査の裏付けを1から10まで知りたいわけじゃないので、さっさと犯人のところに踏み込みましょうよ。

しかも最後の「犯行現場にあった携帯が購入された店舗は、○○夫妻の住所から車で1時間のところです。」というセリフは2秒くらいです。これまで話題にも上らなかった携帯に関する捜査のことを8文字でまとめろなんて無理な話です。

 

翻訳する際に最後の1の意図をいろいろ考えてみましたが、やはり考察スレで矛盾を突かれるのが嫌だったとしか思えません。

つまり、「似顔絵なんか公開したら、全国からごまんと目撃情報が入ってくるはずだ。何で都合よく○○夫妻の情報が正しいと判断できるんだよ!」というツッコミが嫌だったんでしょうね。それで、これまで全く触れていなかった携帯電話を無理やり持ってきて、「携帯が売ってた場所が○○夫妻の住所に近かったから、他の情報より有力視されたんだよ」という理屈をひねり出したわけです。

 

そして今度はこの一見唐突なセリフの意図に気づいた人が嬉々として、そこから導き出される理屈の解説を考察スレに投稿するわけです。作り手と考察スレの住人の間だけのキャッチボールです。2話前のエピソードの現場検証で携帯を回収して、「販売された店舗を調べとけ」みたいなセリフがあれば、完璧だったんでしょうね。考察スレの住民を喜ばせる質の高い脚本の要素の1つとして、“伏線の回収”というのがあります。何気ない描写が後々意味を持ってくるというのは、異常なほどに考察スレの住人を喜ばせます。逆に伏線が回収されなかったり、伏線を張らずに唐突に意外な人物を犯人に仕立てたりすると、考察スレの住人は異常なまでに憤慨します。

 

ただ伏線を張ったり、完璧に矛盾を避けたりすることは、ドラマの脚本ではほぼ不可能ですね。時々、脚本家のインタビューやコメンタリーを翻訳すると、ドラマの脚本というのは複数の脚本家による分業作業であり、毎週の締め切りに追われるやっつけ仕事であることが分かります。シーズンが始まる前にすべての話が決まってるわけではありませんし、ひょっとしたら大まかな結論でさえ決まっていないのかもしれません。そして打ち合わせの中で、割と思いつきで脚本を書き進めているのが分かります。「来週あたり彼女を裏切り者にしたら、視聴者もあっと驚くんじゃね?」「じゃあ、来週の分はその線でいこう」という感じです。意外な黒幕というのは、ほんの1話前まで裏切り者になる予定はなかっただけに、矛盾だらけになるのですが、そこで矛盾してると言われたくないから、いろいろ捻り出してきます。「24」シーズン1のニーナなんかがその最たる例ですね。シーズン終盤に駆け込みで黒幕にされた感がありありと見えます。

 

とにかく矛盾を避けようと、唐突な説明セリフをねじ込んでくるのはやめてもらいたいものですね。字幕翻訳者の身にもなってもらいたいです。唐突なセリフの意図を見極めるのにまずひと苦労ですし、見極めてもとても文字数内に収まりません。

少しくらい矛盾があっても、キャラクターに魅力があって、話のテンポがよければ気になりませんよ。お願いですから、クリエイターは考察スレなんて気にするのはやめてください。

 

  • 2015.11.29 Sunday
  • 18:03

翻訳

肩書

皆さんは、どんな肩書をお持ちですか?

 

私は、「字幕翻訳者」「さっぽろ字幕翻訳スクール代表」「夫」「父親」くらいでした。

30歳を過ぎたころには、「社長」という肩書が自分にもつく可能性が0.1%くらいあるのではないかと思っていましたが、その可能性は下がっていく一方です。

逆に30歳をすぎて長男が生まれた時に、自分には一生つかないだろうなと思った肩書があります。しかし、この春から、その肩書が私についたのです。

 

それは、「PTA会長」です。

 

その可能性を薄々感じながら、という話では全くありません。3月にそんな話が来て、あれよあれよという間にPTA会長になってしまいました。人生分からないものです。

 

フリーランスの字幕翻訳者は、基本的に人に直接会う機会が少ないものです。特に私の場合は札幌にいるので、クライアント様や同業者に会うのは、年に数回東京に行った時だけです。札幌は地元ではないので、友人も少ないですし、週に1回スクールの授業で生徒さんに会うのが唯一の外界とのつながりなんてことにもなりかねません。


そこで、昨年長男が小学校に入ったのを機に、PTA活動に参加することで外に出ようと思ったわけです。本の読み聞かせ、夏休みのラジオ体操、運動会の手伝い、学級代表、PTA企画のバザー、図書館ボランティア、スキー学習の補助等々。気づいてみたら、長男のクラスで最も顔を知られた保護者になっており、学校に行くたびに子供たちに声をかけてもらえるようになりました。

そんなわけで、今年も張り切ってPTA活動をやろうと思っていたのですが、まさか会長に就任することになるとは。自由業の男親がしょっちゅう学校に顔を出してると、学校側もしめしめと思うんでしょうね。校長先生と教頭先生に三顧の礼で迎えられた次第です。

 

さて肩書といえば、字幕翻訳においても軍人と警察官の肩書については、徹底的に調べ、正確を期すことが期待されています。基本的には辞書にある訳語で問題はないと思いますが、日本語の資料となるとネット上では、最も正確で豊富な資料は皮肉なことにwikipediaになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E3%81%AE%E9%9A%8E%E7%B4%9A

 

下のサイトは出典もしっかりしてて、日本の自衛隊や警察組織の肩書が網羅されています。

http://www.kigyojuku.co.jp/frame/link-rank.1.shtml

もっともこれを欧米の軍や警察組織に照合するのは容易なことではないのですが…

 

また特典映像における映画の製作サイドの人たちの肩書の訳語も苦労しますね。

 

Director=監督

Screenplay/Writer=脚本

Director of Photography(DP)=撮影監督

Music/Composer=音楽

Production Design=プロダクションデザイン/美術

Costume=衣装

Editor=編集

Producer=製作

Executive Producer=製作総指揮

 

この辺りは決まりですかね。最近よく見るのは、

 

Second Unit=セカンドユニット

Line Producer=ラインプロデューサー

Stunt Coordinator=スタントコーディネーター

セカンドユニットは、“第二撮影班”と訳してもよさそうなものですが、ここ20年くらいで入ってきた英語は、そのままカタカナ読みという傾向が顕著になりました。

 

Special Effects=特殊効果

Visual Effects=視覚効果

CG/CGI=CG

この辺は、CG系の特典映像で使われる訳語ですね。

肩書となると、

 

Animator=アニメーター

Supervisor=〜監修

Lead Designer=リードデザイナー

Graphic Designer=グラフィックデザイナー

など、基本的にカタカナ英語です。

 

昔なら、パンフレットを買っておくと、これらの肩書の訳語の蓄積に役立つと言えましたが、今は公式サイトですね。公式サイトは当然クライアント様が作ってるわけですから、ここの肩書に合わせておけば、間違いありません。

 

20分以上の長めの特典映像で、肩書を入れるべきBトラックが10個以上あったりしたら、私はBトラックだけまとめて字幕を入れています。そうすれば、一気に公式サイトなどを参照して埋めていけますし、基本的に同じ作業の繰り返しなので効率がよくなります。また時間のかかる作業ではあるものの、本編部分の翻訳と違って、ひらめきや集中力を要するものではないので、少し疲れ気味の時間帯や、あと30分後に外出しなければなんていうタイミングでこの肩書入れをやることが多いです(本編部分を翻訳していて、30分後に絶好調状態が来るともったいないですから)。

 

とにかく肩書は蓄積がものを言いますね。いい参考サイトが見つかったら、どんどんお気に入りに入れて、訳語をストックしていくのがいいと思います。

  • 2015.05.07 Thursday
  • 00:29

翻訳

映像翻訳フォーラム 行ってきました!

去る3月22日(日)に、私が以前勤めていたワイズ・インフィニティ様主催の第10回映像翻訳フォーラムに参加してきました。
 
以前は司会や分科会の講師など、フォーラムを作る側でしたが、参加する側としては昨年に続き2度目の参戦です。今回は節目の第10回ということもあり、2階席まで埋まる大盛況ぶりでした。

フォーラム
 
当日の午前中の便で向かったため(前日の夜までよりによって飛行機墜落事故のドキュメンタリーのチェックをしてました…)、特別講演のキネマ旬報社の清水勝之氏のお話がほとんど聞けず、もったいないことをしてしまいました。翻訳の話というよりは、映画離れやそこから映画料金の値下げに踏み切れない悪循環のジレンマなど、映画業界への深い愛と洞察にあふれるお話だったようです。
 
次のパネルディスカッション(1)は、ダブルワーク、地方在住、子育てと字幕翻訳者を取り巻く典型的な環境の中で翻訳をされている方たちのお仕事ぶりが聞けるもので、これから字幕翻訳を勉強する方、今勉強している方には、身近な疑問・不安に答える充実した内容でした。私がワイズ・インフィニティで講師をしていた時の生徒さんや、コーディネーターとして翻訳をお願いしていた翻訳者さんばかりで、そういう意味でも今、勉強している方の数歩先を行く人たちですから、すごく刺激を受けられる話ばかりだったと思います。
 
この辺の事情は、さっぽろ字幕翻訳スクールの講座の中でも実際にお仕事をするには、どういった環境が必要で、どういう人たちが仕事をしているのかといったお話をしていこうと思います。

フォーラムパンフ
 
さて次のパネルディスカッション(2)は、今、勉強している方の数十歩先も行く大ベテラン翻訳者の夢の共演でした。いずれもキャリア30年の大ベテランで、字幕をつけてきた映画の数もいちいち覚えていられないというレベルの方ばかりです。まだ字幕翻訳の学校もなかった時代に現場で鍛えられて、いつの間にか字幕翻訳者になっていたという方たちばかりなので、とにかく個性的です。“今、勉強している方の数十歩先を行く”と書きましたが、実際は歩んできた道が全く違う方たちなので、同じ道を歩む翻訳者はもう出てこないと思われます。
 
どんな業界でもそうだと思いますが、その業界の黎明期に活躍するパイオニアというのは型破りな方たちばかりです。岡田壮平先生なんかは、声優で言えば、野沢那智やささきいさおや広川太一郎という感じです。パネルディスカッション(1)に出ていた方たちは、竹達彩奈や沢城みゆきや花澤香菜という感じです。
 
今後の声優業界に広川太一郎が生まれないのと同様に、字幕翻訳者も林完治先生辺りの世代を最後に、独特の空気をまとった作家性のある翻訳者というのは出てこないでしょうし、どちらが優れてるとも言えない話ですから、今の時代の翻訳者はそのままでいいんだと思います。ですから、今、勉強している方には、学校で体系的に字幕翻訳が学べるという恵まれた環境を生かして、夢に向かって突っ走っていただきたいと思います。
 
映像翻訳フォーラムの後の交流パーティーから、3月23日〜24日にかけてのクライアント様へのあいさつ回りまで、最新の業界事情を仕入れ、これからの1年間の種まきをしてきたつもりです。その辺の情報や空気感は、4月から始まるさっぽろ字幕翻訳スクールのプロ入門コースでしっかり伝えていこうと思います。
  • 2015.03.24 Tuesday
  • 23:32